Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

「支配」から「ケア」へ

ダンスを向上させるエクササイズは

鍛えるようなものだったり

共通するようなダンス的動きとか

その動きのエッセンスを磨くようなものだったり

あるいは

可動域を広げたいと思う部位を

引き伸ばすような動きであることが容易に想像できるものだったり

また、すぐにはその動きを実践できないような難しいエクササイズに

効果や価値があると思いがちではないでしょうか。

でも、ダンス的な動きじゃないから

ダンスで使われてばかりの筋肉が緩み

引っ張らないでむしろ縮めてあげるから、緩み

小さな子どもでもすぐにできそうな動きだから

ダンス経験やレベルを問わずいつでもどこでも誰でもが実践できて

日常の小さな隙間にダンスを美しくする時間を

組み込むことができる…

シェー体操やキラキラパタパタ体操など

さとう式のセルフケアの動きはどれも

「えっ?こんな動きでいいの?」と思うくらい

シンプルで、誰でもすぐ行えるものです。

「カッコイイ」動きでもないかもしれません(笑)

それでも、それをきちんと続けていくと

確実に身体が変わる。

どんどん楽になる。

トラブルが生じにくくなる。

生じても治りやすくなる。

筋肉疲労による硬化に対しても

私も昔は、長い立ち仕事の後にバレエのレッスンに出るとき

小さなボールやら何やら小道具を使って、または手で足で肘で膝で

足裏をグリグリほぐしたり

脚や背中のコリを感じる場所に圧をかけたり

色々なことをしてきましたが

一時しのぎ的には役立っても

うっかりすると組織を傷めたり

どんどん筋肉が磨耗でもしていくような印象を感じつつ

でも、それがあたりまえ、仕方ないことと思っていました。

身体に対してなんてかわいそうなことをしていたのだろう

そう、思います。

それはケアではなくて、自分の都合に合わせた支配でした。

「ケア」は

いたわる事です。

寄り添うことです。

尊重することです。

「ダンスのためのセルフケア・レッスン」でお伝えするセルフケアは

身体が本当に求めることに応えていく

身体とコミュニケーションする

真の「Touch」であり、

身体に寄り添う「動き」です。

Dsc_1713

作成中の資料用下絵。がんばってます(^^;)

Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*

Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休

小田急鶴川駅北口より徒歩3分

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4

         Joy of Life 鶴川 805

ブログランキング・にほんブログ村へ 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...