Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

身体の記憶

昨日のセッションと、前回開始時の後姿を並べてみました。

Dsc_0980

前回、何故左の首の緊張が取りきれなかったのかな…

と、ちょっと考えていました。

かなり長い期間に渡って続いていたものだから

というだけではないような気がして。

最初にアナリシスを行った際に

左足で踏ん張って、頭を僅かに右にスライドさせて

何かから逃れるようとしておられるような印象を覚えたのを

昨日、ケアを始めてから思い出して

改めて過去の事故の状況をお尋ねしたのです。

重たい棚が倒れてきたというお話を伺って

私がお身体から受けた印象が

その事故の起きた瞬間の

お身体の反応そのものだったのかな

という気がしました。

前回、私は

「今そこにある緊張」だけを捉えていたのかもしれませんし

もしかしたら、それを「取り除こう」とする意識が

僅かに働いていてしまっていたかもしれません。

これは、あくまで私の中のイメージのようなものに過ぎませんが

今回は、その事故が起きた時のお身体に寄り添うようなつもりで

取り除こうとするのではなく、その緊張を受容し、

これまでずっと「守ろう」と働き続けてきたお身体に

労いの言葉を贈るようなつもりで働きかけていきました。

不思議なことですが

やはり、何か自分の中に排除しよう、

操作しようという意識が働いてしまうときは

なかなか緩んでくれないことがあったりもします。

繊細なタッチであったり、揺らしであったりするので

そこに、そういう意識が影響してしまうのでしょうか。

さとう式では「同期同調」という言葉を用いますが

無心で響きあうこと、呼吸を合わせること

そして双方が希望を持って

その時間を共有することが

やはり、良い結果を齎すものなのかもしれないな

そんな風に感じました。

Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*

Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休

小田急鶴川駅北口より徒歩3分

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4

         Joy of Life 鶴川 805

ブログランキング・にほんブログ村へ