Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

からだの奥行き、きもちの奥行き

からだの前面が緊張して縮まっているとき

意識もからだの前面に集まりがちです。

肩が開き、胸が広がり

からだの前身ごろと後ろ身ごろが

バランスよく張り合って、もっとも省エネで

腕の重さや立つ姿勢を支え

「あそび」のある顎関節が繊細に働きながら

重い頭をもっとも楽な位置に乗せるように働くとき

自ずと意識もざわざわしがちな表面から

静かな内側へとおさまるような感じになってきます。

Dsc_0963b

※胸が広がっただけでなく、背中もふわっと寛いでいるのがラインに表れています。

アレクサンダー・テクニーク系の「アイボディ」というメソッドの中で

パノラマ視とフォーカス視という概念がありますが

からだが意識の後ろ側におきざりになって

狭く目の前を捉えていたところから

スーッとフォーカスをひいて

自分のからだの奥行きを感じながら

まわりの世界が開けて、パノラマ的に広がる

そんな眺めの変化かもしれません。

そして、そのように

自分のからだの奥行きを、周りの世界の広がりと共に感じるとき

きもちの面でも

ちょっとしたことでは動じないような

落ち着きが生じるのです。

そして、そのようなあり方で人と接すると

コミュニケーションもスムーズになるのですね。

それは、かつて窓口で接客業務を行っていた時にも

実感として感じました。

表面で硬くガードしていない

向き合った人を、自分の中に受け入れる奥行きが

自然と伝わるものなのかもしれません。

からだが変わるということは

世界の中での居心地が変わること

おおげさでなく

人生の眺めが変わることでもあるのだと思います。

そして、それは

踊りの見え方にも表れるものと感じています。

Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*

Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休

小田急鶴川駅北口より徒歩3分

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4

         Joy of Life 鶴川 805

ブログランキング・にほんブログ村へ