Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

共鳴しあうエレガンス

NYCBのものは自宅にVTRがあるのですが

オペラ座の「ジュエルズ」はずいぶん前に公演を観て以来。

練習の都合もあるのでオペラ座版のDVDを取り寄せました。

エメラルドに限って言えば、私はオペラ座の方が好きです。

もともと、フォーレの曲を用いたこの「エメラルド」が

バランシンがディアギレフのバレエ・リュスにいた頃の

フランスを象徴しているからでしょうか。

ダンサーと作曲家とコリオグラファーの背景にあるものが

更にクリスチャン・ラクロワの優美な衣裳と共に

共鳴しあうエレガンスという感じで。

ダイヤモンドをマリインスキー、ルビーをNYCB

そしてエメラルドをオペラ座が演じる「ジュエルズの舞台」を妄想してみたり(笑)

音楽そのものであるような抽象的バレエは

踊り手の解釈とか、想いとか、我のような表面的なものが

引き算されたところで

なお、立ち上がってくる「存在」が

音楽と空間と溶け合う美に触れる喜びなのかもしれません。

振りを覚えるつもりで観ているのですが

気付くとすっかり踊りに魅せられてしまっています(笑)

心地よく流れるエメラルド色の風に

広がる呼吸、歌うアームス、そしてステップ

この新緑の季節に気持ちよく寄り添う映像です。

パリ・オペラ座バレエ「ジュエルズ」 [DVD]

ブログランキング・にほんブログ村へ