Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

巻き込んだ肩とポール・ド・ブラ

肩が前に巻き込んでいると

例えば、アン・バからアン・オーへとアームスを運ぶ時

腕の親指や人差し指側のラインに緊張が生じやすくなって

肘や肩関節も窮屈な感じになってしまい

それでいて、脇が抜けた感じにもなってしまうのですね。

その巻き込みを回避するために

例えば小指や薬指側に繋がるラインに意識を置くとか

前身ごろが潰れないようにとか

色々、バレエ的な意識の持ち方があったりもするのですが

意識に縛られると動きがぎこちなくなってしまったり

意識が抜けると、また親指側で腕を持ち上げてしまったりしがちですよね。

そうじゃないのはわかっているのに、そうなっちゃった(涙)…みたいな(^^;)

多分、巻き肩の状態で過ごしていると

バレエに限らず、日常のちょっとした動作の中で腕を使うときも

親指側のラインが主動になってしまいやすいのだと思います。

恒常的にそのように使われている腕を

バレエの中でだけ変えようとしても

それはなかなかに難しいものですし

そのような使い方が重なることで

腕や胸や首、顎の筋肉もまた緊張が蓄積してしまうという

悪循環にもなってしまいがちなのだと思います。

ですが、デフォルトが巻き込んだ肩ではない状態からであれば

同じ動きでも、バレエ的に使われたいラインが

自然と働きやすくなるものなのです。

私たちの日常は

マウスの操作や、書類を書くことなど

どうしても肩が前に巻き込みやすい状態で

作業をしなければならないことが多いです。

さとう式リンパケアの施術の中では

僅かな時間で、その巻き込みを改善していくことができます。

Shoulder

↑レオタードの前身ごろもスッキリしていますね。

験しに、完全に脱力した腕を

反対側の手で持ち上げてみて下さい。

かな~り、重くありませんか?

前に巻き込むということは

その重さを背面側で支える負担が増えるということなのです。

ですが、この位置に肩があれば

脇でアームスの重さを支えてあげることもしやすくなり

背中も頑張らなくてすむのです。

見た目にも背中の筋肉くんたちが

「楽にしてくれてありがとう~~~♪」と

するりとして寛いでいるのが表れていますよね(笑)

そして、関節の動きもより軽やかになります。

いつも寡黙に、健気に働いてくれている筋肉くんたちを

ぜひとも楽させてあげましょう(^^)

良い姿勢になろうと努力してではなく

何も意識せず

リラックスして立ってこの状態。

そこからポール・ド・ブラを始める時

意識して、努力して、使おうと思っていたときには

感じられなかった様々な感覚が芽生えてきたりもします。

バレエの先生がアドバイスして下さる事が

やっと、実感として捉えられて

無理なく体現できると仰ったクライアントさんもいらっしゃいました。

Shoulder2

筋肉が、関節が、呼吸が、

楽に、自由になる。

そのオマケにスッキリ背中もふっくらバストもついてくる(笑)

巻き肩を解消された、窮屈さのないところから

美しいポール・ド・ブラを目指しましょう(*^^*)

はい、ワタシも目指します(笑)

Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*

Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休

小田急鶴川駅北口より徒歩3分

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4

         Joy of Life 鶴川 805

ブログランキング・にほんブログ村へ