Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

春の息吹

稀なことですが、日常生活にも若干の支障が生じるような状態になると

ありがたいと実感できることがたくさんあります。

例えば、エレベーターだけでなくエスカレーターも完備された駅

ステップの低いバス

バリアフリーについて知っていても

身体で知るというのは、こういう機会なのかもしれません。

電車のシートも、ただ座れるだけでなく

足腰に問題がある場合は

立ち上がる際に身体を支えられる手すりが傍にある

隅の席のほうが楽。

でも、普段、席を譲ることは当たり前のようにしていても

そうして支えるものが無い席で

立ち上がる際に、何か手が必要ではないかと

心を配るようなことがあったろうか

そんな些細な手助けを

気軽に頼めるような雰囲気が

今、私たちのまわりにあるだろうかと

考えさせられる面もありました。

痛みがあった期間に

たまたま実家の父を連れて出かける用事があって

父も心臓を患って以来だいぶ歩行はゆっくりペースになってしまっていますが

私もそのペースが痛みを感じずに歩けるスピードで

そうして眺めると

信号の切り替わるスピードも、車の流れも、人の流れも

いつもの光景に違和感を覚えるほど早く感じました。

そういえば、こんな気持ちになったことがかつてあります。

それは、途中で一時帰国することも無く

タイから丸3年ぶりに帰国した日のことでした。

もちろん、自分が怪我をしていたわけでも無ければ

当時のタイにしても交通事情はかなりなものでしたが(^^;)

人びとの意識というか

社会全体の雰囲気のようなものが

自分の周りを足早に通り過ぎていく

そんな違和感でした。

あれから20年、タイも変わっているだろうとは思います。

けれど、今、また何年かを違う地で過ごし

再び日本に戻ったら、私は何を感じるのだろう

そんなこともちらっと考えた週末でした。

例によって、痛みはほんの僅かに名残を残す程度の週初め

春の息吹を感じる朝です。

Dsc_0494

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...