Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

痛みの不思議

実は金曜朝から原因不明の股関節痛でした…

自分では覚えていないのですが

よくパッセ、つまり股関節外旋状態で寝ていることもあるようなので(^^;)

寝違えみたいなものでしょうか?(笑)→どういう寝相だ;;;

いずれにしても、土曜日はずきんとするような激痛で歩くのも大変で

椅子から立ち上がるのは更に苦痛でした(^^;)

娘に一応一通りの整形外科的テストはして貰ったのですが

特に問題も無く、彼女も「???」

私も、何となく一時的で、経過していくものという気がしたので

余り気にせず、土曜日はとにかく1日許す限り睡眠をとりました。

眠って、起きるたびに少しずつ痛みは軽くなり

日曜日は座った状態から立つ時と階段の昇りだけがちょっと痛む状態

夜になってから、外出して庇って歩いた分の緊張だけ緩めてもらうために

ごく短時間の筋ゆるをしてもらって

今はだいぶ落ち着いています。

あと、1日ほど安静にしていればおさまりそうな感じです。

実は、前にもそんなことがありました。

それは、今の仕事を始める運びになる少し前

数日で、嘘のように痛みが引き

そして、暫くして私の中でも何かが吹っ切れたように

大きく流れが動き出しました。

何の根拠もない話ですが

意識の上では、もうだいぶ前に処理されていた感情的な問題の記憶が

身体レベルで解放されているのかな

そんな気がして

これでまたひとつ何かが手放され

新しいフェイズへと向かうのだろう

などとのんきに都合よく受け止めている面もあったりします(笑)

そうでないにしても、実際のところ

普通の方よりは、股関節もずいぶん使っていますし

バランスが変化していく過程では

そんなことも生じやすいのかもしれません。

何かしら異常だとか

治療を受けなければ・・・というときは

やはり何となく自分でも危機感がありますが

そういう気が余りしなくて

少なくとも悪化する気配が感じられないときは

下手にいじらないで安静にする、よく寝る、痛みにフォーカスしない

そして明日はきっと良くなる

良くなったら前より動きやすくなる

そんな風に捉えてしまいます。

全てがそれで片付く訳ではもちろんないと思います。

でも、特定の感情によって筋力が低下するようなこともあるようですし

股関節のように様々な筋肉がバランスを取り合って

安定した状態を保ってもいる場合

そういうこともあり得るだろうということには

開かれていたいと思っています。

だとしたら、まず気持ちをリラックスさせることが

何よりの方法だと思うので。

痛みって不思議ですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...