Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

Space

より心地よい揺らぎは

どんな揺らぎだろう

そんなことを漠然と考えていました。

タッチも、触れているところから近いところ、

つまり手先から生じる動きや力というのは心地よくないものです。

それは踊りの中でのアームスの動きもそうで

指先ひとつ動かすにも

自分の身体の中心に近いところから生じる動きであって初めて

滑らかさも、美しさも表れてくるものなのですね。

クライアントさんの体腔を整える施術をするなら

その時の自分の体腔も感じる

そして、施術空間とでもいうのでしょうか

それは部屋のことではなくて

支え、働きかける手

触れて、囁きかける手、あるいは聴く手

クライアントさんのお身体と

自分自身の身体とがどういう空間を作っているか

その波はどこから生じてどう伝わっていくか

そんなことをイメージしながら施術を繰り返しているうちに

私の身体も、自ずとその施術空間に不自然な「潰れ」が生じないあり方を

選び取るようになってきているように思います。

自然に機能しているということは美しいこと

その美しさというのは

心地よさが見えるからなのだと思います。

ならば、心地よさが届くアプローチというのは

その動きも、立ち上がるスペースも

きっと美しいものなのではないかなと思います。

Dsc_0430

2月のご予約受付を開始致しました。