Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

新たな1年の始まりに

Greeting2013

あけましておめでとうございます。

タッチによる癒しと

リラックスによって開く「隙間」の中で

身体を、心を感じることを

これまでも大事にしてきましたが

今年は新たに、「さとう式リンパケア」を導入し

Blissful Touchを訪れて下さるみなさまに

さらにゆるふわの笑顔になっていただけるような

セッションのひとときをお届けして参りたいと思います。

さとう式リンパケアは顎関節症の症状をやわらげる治療の一環として

歯科医師が考案した口腔を広げ筋を緩める手法で

細胞と細胞の間を満たす細胞間質液(間質リンパ)の循環に着目し

腔(口腔・胸腔・腹腔)を広げる=機能しやすい環境を整えるという考え方に基づいた

筋肉を揉んだり、押したり、引っ張ったりすることをしない羽のようなタッチと

優しく揺らすことやごく軽い動きをあわせた施術が特徴です。

目に見える変化は

今後、お写真等でご紹介もしていけるかと思いますが

ゆるふわに緩みスペースが広がった身体に寛ぐ

その爽やかで軽やかな居心地が

心にも深呼吸したような涼やかさを齎してくれる感覚を

ぜひ、ご体験戴きたいです。

そして、腔を広げる施術によって整えられた、

力みのない、立体的な美が表れる身体のあり方は、

バレエの立ち方とも通ずるところがあり

ダンスコンディショニングとしても

お役に立てる面があると思っています。

「さとう式リンパケア」には

セルフケアという側面もあり

様々な書籍やDVD、一般の方向けの無料の講習会なども開催されています。

(私は代々木上原栄美季子先生のもとで学ばせて戴きました。)

風通しよく開かれているもの、

滞らずに廻っていくものはきっと

そこから更に豊かな広がりが生じるという可能性にも

開かれているということ

これから更に学びを深めていくことも楽しみです。

この新しい一歩を

新年のご挨拶と共にお伝えしたいと思いました。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。