Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

呼吸

出張に伺って施術している間、北風が窓を叩く音が響いていました。

色々とお話を伺いながら1時間ほどのひと時を過ごして帰宅する頃には

かなり冷え込んでいましたが、セッションの後はいつも余り寒さを感じません。

身体も心も温まっているからでしょうか(笑)

今日は、先日お越し下さったクライアントさんからも

その後の経過についてのメールを頂戴し

有難く拝読させて戴きました。

セッションの中で感じられたこと

その後の時間の中で気付かれたこと

いつも丁寧に綴ってくださるお言葉の中から

私も多くを学ばせて戴いております。

Eternalsteps

そのメールの中でも呼吸について気付かれたことが綴られていたのと

年末に向けて、お仕事がお忙しかったり

お風邪をひかれた後に胸郭に強張りの残っていらっしゃる方も多いようですので

呼吸を使って胸郭の可動性を改善するちょっとしたケア法をご参考までに。

胸管を刺激するので、リンパの活性化にもつながります。

最初にリンパの流れの最終地点、ターミナスを開くために

鎖骨の上のくぼみの部分を指で押さえ

圧をかけずに皮膚のみ動かす感じで10回ほど円を描くようにまわします。

自分で行う場合は、手を交差させて行うとやりやすいです。

胸郭を両手のひらで広く優しく包むように手をおきます。

息を一度深く吐いてから、ゆっくり吸って行きますが

その際に胸郭の広がりに手で軽く抵抗をかけるようにします。

(余り強く押さないで下さい)

そして、息を吸いきる寸前に抵抗をかけていた手をぱっと離します。

私は仰向けの状態で

手の置き方を、胸の上の方と下の方

両手を交差させて脇の下の方と

三箇所を行うのを3セットほど行います。

ふわっと呼吸が広がる涼やかな感覚が気持ちよいです。