Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

うねりの中で

初めて降りる駅、初めてのサロン

初めてのセラピー

ちょっとドキドキ、そしてワクワクする気持ち

いいものですね。

初めてお越しいただくクライアントさんもきっと

そんな風に感じながらいらして下さるのだろうなと感じながら

こういう気持ちになる時間は大切だなと思いました。

それは、頭で理解しているのとは違う実感だから。

Dsc_3419

世田谷にあるCharkha-Healing Art

私が受けたのはエサレン・ボディワーク

強弱の波が流れるようなロングストロークのオイル・トリートメント、

揺らし、ストレッチが折り重なりながら

心身をゆるめ、深いところへと統合されていくひととき。

幾つかの精油の中から、

今日私が感覚のままに選んだのは

フランキンセンスとスイートオレンジでした。

施術とアロマの誘いで

吐き出しきれなかった息を吐き出せたような呼吸の深まりは

自然のままの私に還って行く…

そんな安堵感と幸福感がありました。

余り自覚のなかった右の二の腕のこりが心地よくリリースされるとき

何か不要なものが全て手放されて行くような感覚と

更なる呼吸の深まり

そしてそこに滞っていたものが巡り出すのを自覚しました。

意識は落ちることなく

でも、微睡みとの瀬戸際で

ただ感じることの中に寡黙に佇むような

とても瞑想的な居心地。

エサレンは一通り施術が終わったあとに、

身体を味わう静寂の時間を大切にするそうですが、

その意味がとても良くわかりました。

実際、その時セラピストの方は私から離れて

何もなさっていなかったそうなのですが、

施術中の心地よさとは全く質の違う、

まるで何かとても力強いエネルギーワークを受けているような、

大地に沈みこんでいくような重さを感じました。

それは全く初めての感覚でしたが、

とても安らぐ、そして温かみのある重さでした。

そう、湧き起こる全ての感情は

無境界のエネルギーのうねりなのだと

そのエネルギーの源泉にあるものに

全てを抱擁されたような。

そして、その白い光に包まれたような余韻の中で、

やはり必要な時に必要な癒しに出合ったのだなと感じました。

「そうだ、行こう!」的に思い立って

予約を入れさせて戴いたのも前日で

私自身についてのインフォメーションは

当日のコンサルテーションの段階で

ざっと仕事のことをお話しただけでしたが

セラピストさんが私の身体から受けた印象として

お仕事としてだけでなく、

いろいろな人のためにいろいろなことをしている方という感じがしたと

セッション後のフィードバックの時間に仰いました。

実際のところ、ありがた迷惑な世話焼き気質であるのは事実(^^;)

長所でもあり、同時に短所でもあると自覚している側面ですが

そういうところを身体から読み取られるというのは

波長が合うということなのかなとも思いました。

多分、私とはとても相性の良いセッション、

そしてとても深く響く癒し。

いい時間でした。

まったりとした余韻の続く中

2度目の満月を微笑みながら見上げる晩です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...