Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

日曜日

日曜日は朝から夕方までセミナーに参加して

基本から応用まで、少人数でみっちりご指導戴きました。

実際に自分で行って体感し

一緒に受講なさった方々の変化を客観的にも確認し

シンプルな方法の内にある奥深さを感じました。

特に午後の応用編では、セッションの流れの中でどんな風に取り入れたら良いか

臨床での役立て方も、アドバイスを戴き

本来のセミナーの内容以外にも多くのことを学ばせて戴いたり、

目から鱗の体験があったりと、とても充実した学びの機会でした。

また次回までに、今回学んだことを

しっかり咀嚼していきたいと思います。

Dsc_3226

夜は神楽坂のdie pratze

石井かほるさんのモダンダンスの舞台でしたので

その前に友人とホール近くのLA LETTERAで早めのディナー。

ワインを戴きつつ、イタリア料理を堪能しました。

Dsc_3229

Dsc_3230

Dsc_3231

石井かほるさんの公演は「崩れる身体」というテーマのもとに創作された

『路上』という作品で、ギターの生演奏が入ります。(ギタリストさんも素敵でした)

おそらく師の師…くらいの年代の方だと思いますが

年齢を超越した艶やかさが感じられて

でも、クールで…

特に終盤、闇の中で下からの仄かな光に照らし出された手が

踊り、語り、歌うようなシーンは

とても印象的で、心に沁みてくるものがありました。

声もとても美しい方で

今、なお踊り続ける心と身体の奥行きが

その声にも表れているように感じました。

テーマは「崩れる身体」でしたが

作品を通じて、

また、舞踊家としての石井かほるさんの今に触れて

崩れても、崩れないもの

変わっても、変わらないもの

何か言葉には言い表しきれないエナジーの美に包まれ

味わいのある、余韻の良い舞台でした。

Dsc_3225

素敵な佇まいの古書店も撮影♪

そして、充実した1日の終わりには

クライアントさんのご紹介で

ダンス学校に通われている方の

8月上旬の舞台に向けての脚のケアをさせて戴く運びにもなり

また週明け早々、新たなご縁も広がりそうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...