Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

セッション後に

できれば、直後だけでないセッション後の身体の感覚を

日常の中で暫く眺めてみて戴けたらなと思います。

楽になったな、軽くなったな

では、どう楽になったのか

軽くなったのか。

その時の身体はどんなふうに感じられるでしょうか?

そう感じた時、周りの風景や人はどんな風に映ったでしょうか?

呼吸はどんな感じでしょうか?

地面の感触はどんなだったでしょう?

心地よさに伴う様々な感覚や心を

色々なものや眺めと結びつけて味わい

記憶に刻んでみて戴きたいのです。

痛みを表す言葉と快適さを表す言葉

どちらが多く思い浮かぶでしょうか?

実際にどれだけの表現があるかを調べた訳ではないのですが

少なくとも私に関して言えば

パッと思い起こせるのは

痛みや不快感を表すボキャブラリーの方が

ずっと多いような気がします。

人は不快感や痛みがあるときほどには

快適さの中にある身体や

不快感の無い身体を

細かく味わうことをしないものなのではないでしょうか。

快適な状態というものへの感度を

少しきめ細かくしてみると

そこへ立ち戻る手掛かりになったり

そこから外れていきそうになった時に

自ずと違う選択肢が生じてくるようなことも

あるのではないかなと思います。