Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

立木染

6月を締めくくる週が始まりました。

紫色の彩りが美しい朝です。

120625_064001

120625_064401

彩りといえば、立木染という木工製品をご存知でしょうか?

奥熊野の虹の木工房独自の技術で

杉や檜のうち、まっすぐに育っていないものや落葉樹を選んで

立木に染料を注入する形で生きている木を染めていくという手法です。

そのままでは捨てられ、朽ち果てていく木に新たな命を吹き込み

間伐材を有効利用したいという想いと

自然の力によって生じる美しい色彩。

1本の木に60リットルもの染料を注入するために

その重い染料を背負って何度も山中に入られるそうですので

作業できるのは1年のうち多くても10本前後とか。

陶器の釜出し同様に伐採するまで出来はわからず

中には木の中が腐っていたり

色が濁ってしまっているようなご苦労もあるようです。

けれど、そうした手間、愛情をかけて出来上がった製品は

木肌の描く模様の中に美しい色彩が立ち上がった

素晴らしい芸術作品です。

Dsc_2973

この製品はバレッタですが

丁寧なクリア塗装で仕上げられ

ガラスアートのような艶やかさ、透明感と

木の温もりの両方を感じられる

とても素敵な質感です。

熊野地方は昨年の台風12号で大きな被害を受け

地域のみなさんやボランティアさんが

現在も復興に向け頑張っていらっしゃるようです。

熊野を愛する想いもそこに宿った美しい作品

大切に使わせて戴きたいと思います。

奥熊野からやってきた小さなナギも

セッションルームですくすくと育っています。

立木染 虹の木工房

和歌山県田辺市本宮町皆地640

tel:0735-42-0364 / 090-2709-7231