Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

緩み

今日は夕方からの出張のみ

連休の狭間の静かな1日でした。

こうして毎週ご自宅に伺ってケアをさせて戴く様になって早くも1年

薄手のカットソーでの外出にも戸惑いを覚えなくなられたクライアントさん

今日も数ヶ月ぶりで遊びにいらした息子さんご夫婦が

背中が真っ直ぐになってきたねと驚いていたと嬉しそうに仰っていました。

ご高齢の方の場合、血管なども脆くなっている可能性もありますし

特に骨粗鬆症や脊柱圧迫骨折などの既往のあるクライアントさんの

頭部や頚部のケアはやはり若い世代の方の場合とは

手の使い方が変わってきたり

補助的にクッションなども用います。

委ねて下さる頭の重さと弾力のある質感も

以前とはずいぶん違います。

その重さと緩みに信頼を感じたひとときでした。

緩みといえば…

先日、お越しくださったクライアントさんが

「試合前は緩んでしまってはダメかと思って我慢していたけれど、違いました。」

と仰っていました。

アスリートの方なので、現役時代からそのように

ご自身の中のテンションを上げて様々な試合に臨まれ

後進のご指導をなさるようになってからも

そうして見守ってこられたのだろうと思います。

そうしてご自身のテンションを高める能力が優れているからこそ

きっとこうしたある種のガス抜き(笑)も必要で

その緩みを上手に使ってより高いところへご自身を持っていくことも

できるのではないでしょうかとお話しました。

緩みを欲する身体の声がちゃんと聞こえてくる

それが健やかさなのだと思います。

-----------------------------------

雨に潤う風の肌触り

その潤いの彼方で滑り出したであろう

新しいステップの響きが

重なっているように感じられる晩です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...