Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

ひざの上のポヨ肉(笑)

NHKのあさいちという番組で「ひざの上のポヨ肉」解消の話題が取り上げられていました(笑)

東京バレエ団の方が出演してのバレエのプリエやルルヴェが紹介されたり

他にもストレッチなどが紹介されていました。

「ひざの上のポヨ肉」…確かに嬉しいものではありませんが

可愛らしい表現で、いいではないですか(笑)

私は身体のどんな状態も

邪魔者のように目の敵にして取り除こうとするよりも

愛情や感謝をもって受け止め、接し

そして不要なものを手放していくことが大切だと思っています。

Dsc_2463

バレエの基本的な動作の中には

動きによって余分なものを落としていく効果ももちろんありますが

その部分だけを捉えて力任せに動きを繰り返せば

身体のどこか他の部分に余計な負担を与えたり

美という観点では発達させたくない筋肉を発達させてしまったりもします。

全身の調和の中でゆっくり丁寧に正確な動きを行うこと

これはとても大事なことです。

そうして得られた身体感覚やバランスが日常のものとなれば

立つ、歩くといった日常の動きの中で

より省エネ・モードで(笑)重力と共に過ごしていけるようになります。

施術と適切な動きで代謝を促し

筋肉に余分な負担をかけない身体バランスの感覚を

ご自身のペースで、寛ぎながら身につけていただくこと

それがBlissful Touchのコンセプト

美しく健やかにあることに積極的なみなさんを応援します♪

と、ちょっと営業チックに結んでみたり(笑)

-----------------------------------

などと書いている間に、実家の父が倒れ

幸い意識はほどなく戻ったものの吐き気と熱は続いており

歩けるような状態ではなかったので

救急車でかかりつけの病院に運ばれまして

ちょっとバタバタとした午前中でしたので今の時間のUPとなりました(^^;)

2年前に心臓の手術をしていて、今元気なのが奇跡なくらい

ブログを書いている場合じゃない…のでしょうが

少なくとも一刻を争うような状況ではないですし

それから今までの時間の中で私自身も逞しくなったようです(笑)

一刻をあらそうような状況でなければ、心配の先取りをして深刻になっても仕方ないですし。

ならば、いつもどおりであること

周囲が穏やかな気持ちで見守っていること

それが大事であることを教えてくれた友人のおかげです。

救急隊を待つ間も、ずっと父の背中をさすっていました。

少なくとも、触れることで支えることができる。

苦しさに寄り添うことができる。

何かができるということが、私自身をも支えてくれる。

そう感じた出来事でした。

吐き気と高熱は点滴で治まって、症状も落ち着いたので

夕方帰宅し、担当医が来る金曜まで様子をみることになりました。

救急車騒動でご近所にお住まいのクライアントさんにも

かなりご心配をお掛けしてしまったので

(亡くなられただんなさまの時のことを思い出されて、震えちゃったと仰っていらしたので;;;)

そのクライアントさんの夕方からのセッションも

予定通り伺わせて戴きました。

当面の私のミッションは、母のクールダウンです(笑)

春の嵐が過ぎ去った後には

きっととても美しい空が広がることでしょう。