Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

余韻

観てきました、The Iron Lady。

志を生きる代価、そして老い、認知症

終盤の呟くような問いあたりからは、グッとこみ上げてくるものを抑えるのが大変でした。

何かの記事で「後悔」という言葉が出てきたけれど

問いはしても、それは後悔などではないのではないか

私はそんな風に感じました。

どう生きても、人は振り返り、問いもする

代価を重々承知し、それでも選び、進むのが

志というものだと思いますし

あの時代に女性として政治を志し、生きた人が

振り返り、どんな感情に包まれたとしても

それは悔いとは違うと思うのです。

それにしても、メリル・ストリープの演技が素晴らしい。

彼女が演じなかったら、やはりあの味わいは出てはこなかったでしょう。

母も映画館で映画を観るのなんて何十年ぶりかしらと

そのひと時を堪能してくれたようです。

通り雨に洗われた夕暮れの風景は

映画の余韻をそこに重ねたような眺めでした。

Dsc_2426

Dsc_2427