Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

雨水

寒さも峠を越える時期の訪れ…雨水の夕暮れ時は

凛とした中にも秘められた優しい潤いを感じる肌触りでした。

Dsc_2163

冴え冴えと広がる眺めの中で時を過ごすと

心にも澄んだ広がりが齎されるようです。

そして、そのスペースに

絆を介して繋がる爽やかなご縁が注ぎ込んでくるのを感じます。

この旅は、そうして

緩やかでも確かな手触りを伴いながら

自然のままに歩いていくことが相応しいのだと思います。

星の王子さまの中でキツネがいわんとした「祭式」のように

丁寧に時間と心を寄り添わせながら。

おなじ時間にきてくれたほうがよかったんだよ。たとえば、きみが午後の四時にきてくれることになれば、三時にははやくもぼくは幸福になりはじめるはずだ。時間がたてばたつほど、ぼくは幸福を感じることになるだろう。四時になると、もうそわそわして、心配になってくる。ぼくは幸福の値打ちを発見するだろう。でも、もしきみが時間かまわずやってくるようだと、ぼくは何時に心に着物をきせたらいいかわからない。…祭式が必要なのさ。

星の王子さまの秘密」山崎庸一郎 著/彌生書房

祭式は邦訳版で「きまり」と訳されています。

けれども、著者の山崎氏が翻訳・引用した表現によれば

それは、「ある日を他の日と、ある時間を他の時間と異なったものにする働き」だと説明されています。

Dsc_2138

両親から譲り受けたブルーの水差しと

昨年お誕生日に戴いた松下高文さんの作品 「水の底」のグラスを添えてみました。

Dsc_2148

Dsc_2157

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...