Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

眺め

日曜日は、毎年この時期に観に行っている「くるみ割り人形」の公演に出かけました。

例年、出演者の方の後援活動も兼ねて過ごす1日なのですが、今年は純粋に観客としてその時間を味わわせて戴きました。

作品の内容からいっても、いつもは楽しさとか、ほのぼのとした気分で過ごすその時間ですが、いろいろな事があった1年の締めくくりのような気持ちも重なったせいでしょうか、チャイコフスキーの曲も、物語も、何かいつもとはずいぶん違う響き方をするように感じられ、胸がいっぱいになるような瞬間が何度もありました。

くるみの舞台を観て、涙が滲んできたのは初めての経験だったかもしれません。

でも、それは私だけではなかったようです。

Dsc_1836

暮れ行く年に寄り添うように咲く薔薇一輪、

そして冬の空が広げた譜面の上の三日月と金星、

この1年を締めくくる時期に授けられた寡黙なおくりもののように感じられます。

Dsc_1846

Dsc_1854