Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

新月、そして日蝕の日に

Dsc_1718

最近、私は12年ほど続けてきたサイトを実質的にはクローズしました。もう、役目を終えたと思ったからです。

それは誰かのためにとか何かのためにということではなく、自分自身のための役目を終えたということです。

それでも残したコンテンツがあるのは、その面ではやはり自分自身のために役目を終えていないと感じられたからに他なりません。

厳しい時世の中で、「ゆとり」の側面の大きな分野のものがひとつ、またひとつと消え、あるいは活気を失くしていく様に触れているのは切ないです。一個人の力でどうなることでもありませんが、それでもささやかな何かをしていることが、私にとって心の平和に繋がることだと思うのです。

その開設当初からの友人にご挨拶のメールを書きながら、その当時の想いを懐かしく思い出しもしました。サイトという窓を通じて、自分の愛するものと繋がっているという喜びや安心感―そんなところからスタートしたものです。残したコンテンツも、直接自分が関わる場ではないにしても、自分が愛するバレエというものを育む場、広がりに通じるものです。私が何を想い、いかなる人間であるかということなどを表すことは、もうさほど重要なことではありません。少しでも元気な、そのフィールドを感じていたい、その中のひとりでありたい…だから、祈り、感謝し、そして、何より私自身が安らぐために、もうそれだけを残せば十分だと感じました。

新たな始まりの中でも、きっとまた様々に試行錯誤を重ねるのでしょう。形も変わっていくのかもしれません。

でも、その核になるのは、いずれも私自身が愛してきたものです。それらを分かち合うことの中に自身が安らう生を重ねていきたいと思います。

新月、そして日蝕の日の今日は

ひとつ好きな詩を添えたいと思います。

「わらって わらって」 山尾三省

わたくしたちの いのちの

本当の底は 咲(わら)っているのではないでしょうか

それで 春になって

たくさんの花たちが 咲きはじめると

わたしたちも われしらず うれしくなってしまうのではないでしょうか

春になって 土から湯気がたち昇りはじめると

その湯気が 咲っているように感じられて

体の底から うれしくなってしまうのではないでしょうか

わたしたちの いのちの 本当の底は

咲っているのだと ぼくは思います

だから おお 遠慮なくぼくたちも

わらって わらって

わらって わらって

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...