Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

タクティールケアとは

タクティールケアは、未熟児看護に関わっていたスウェーデンの看護師らによって1960年代に誕生し、優しく包み込むように触れることで、安心感・充実感を齎し、コミュニケーションの向上、認知症の周辺症状の緩和や、ゲートコントロール*2 効果による痛みの緩和、自身の身体への認識力を高めることによる日常生活動作の向上など、心身両面での様々な効果が期待できるタッチケアです。

福祉先進国スウェーデン認知症緩和ケア教育専門機関「財団法人シルヴィアホーム」における教育プログラムの一環でもあり、認知症緩和ケアの補完的手法で、日本では日本スウェーデン福祉研究所(JSCI)が教育・研修事業を行っています。現在、認知症ケアにとどまらず、保険・医療・福祉の分野などでも様々に活用されており、これからますますその活用範囲は広がっていくのではないかと思います。

優しく、でもしっかりとしたタッチでゆっくりした一定のリズムで触れられることで、脳下垂体後葉ホルモンの一種である*オキシトシン(oxytocin)*2 の分泌が促され、血液を介して全身に広がることにより、穏やかさや安心感がもたらされ、それはケアを受ける方だけではなくケアを行う施術者にも分泌されます。

つまり、ケアを通じて相互が心地よさを感じ、安らかな気持ちになれるアプローチなのです。

*1 ゲートコントロール

抹消神経から脊髄神経へと痛みが伝わる際、脊髄にある痛みをコントロールするゲート(門)が脳への痛みの情報伝達を調節しているという学説。優しく触れられる刺激がゲートを閉じ、痛みを緩和すると考えられているそうです。


*2 オキシトシン(oxytocin)

脳下垂体から分泌されるホルモンで、分娩時の子宮収縮や乳汁の分泌に関与する。また、人と絆を築く行動に関係する。血圧とコルチゾールのレベルを下げ、痛みへの耐性を増すことでストレスを軽減する作用もあると考えられている。(「コンフォート・タッチ」Mary Kathleen Rose著 医道の日本社より)

タクティールケアがもたらしてくれるものは

●心配・不安の軽減

●痛みの軽減

●吐き気の緩和

●体内の生理的プロセスが活性化されることによる腸機能などの改善

●自分の身体の認識力の高まりによる日常生活動作の向上

●活力が高まる

QOLの向上

そして、フィジカルな面以外にも

●自分自身がひとりの人間として受容され、大切に扱われているという実感が得られる

●信頼感、安心感が高まる

などの、心にもたらされる効果も特徴的です。

強く押したり、揉んだりすることもなく、着衣のままでも(背中のケアにオイルを用いなければ)、寝た状態でも、座っていても行うことができますので、ケアを受ける方の状態やお好み、ケアを行う環境に合わせた施術が可能です。

また、手足のケアには通常オーガニックのオリーブオイルなどを用いますが、オイルの感触がお好みでは無い方、アレルギーなどがご心配な方にはオイルを用いずケアを行うこともできます。

タクティールケアにご関心をお持ちでしたら、8月31日20時放映のNHKためしてガッテン」という番組で3つほどのタッチケアやマッサージが紹介され、その中で認知症緩和ケアとして取り上げられるそうですので、どういったケアかという雰囲気を感じていただくことができるのではないかと思いますので、ぜひご覧下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...