Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

9.Academy

ナチュラルさの中にあるもの

最初はかえるのポーズはおろかスパイダーの最初のかたちをとることすらできなかったその子が少しずつ「自分のカラダは硬い」という思い込みを手放し顎や手のワークを中心に取り組み続ける中で「やり続けていくと、変わってくる」ということを実感し自分のカ…

指の描く世界

Finger Tut(フィンガータット)やDIGITZ(ディジッツ)という指の動きを主体としたダンスが何年か前から少しずつ広まっているようでYou Tube上にも様々な動画が投稿されていますがこちらの万華鏡をイメージした作品また、それのモーショングラフィックスとのコ…

The most basic of basics

アカデミーの小さな生徒さんは劇団に所属していて歌や演技、ダンスをそこで学ぶだけでなくバレエやフラダンスも学んでいます。 昨日、保護者の方が「フラでも腰が良くまわるようになってきてナチュラリゼーションは本当に全てが変わっていきますね。」と、仰…

水であり、光であり、養分

荒れ模様の水曜日でしたがアカデミーのレッスンに向かう頃には雨も上がりスタジオまでの道中、まだ幼い生徒さんが大変な思いをしなくて済んで良かったです。 今月はじめ(6/7)にちょっとご本人に観てもらうつもりで股関節クルクルのワークの動画を撮ってあ…

「私のカラダは硬くないのかもしれない。」アカデミー生さんの経過から

この春、1年生になったばかりでまだ少し大きめのレオタード姿も可愛いナチュラリゼーション・アカデミーの生徒さん。バレエも同時に始めたばかりです。 幼児期からバレエを習っているお友達と一緒にレッスンしていることもあるのか「私のカラダは硬い」そん…

小1からの本腰を入れたナチュラリゼーション

小学1年生になったばかりのアカデミー生バレエもまだ白紙に近い状態でこの年齢のお子さんに週1ペースのナチュラリゼーションのレッスンをするのは私自身も初めてのことです。 スパイダーは彼女が「アメンボ」と呼んでいるので顎のワークはライオンのあくび~…

私は本気が見たいなぁ~

「え~、また顎のワーク?」という表情の1年生。「じゃあ、ちょっとカンブレしてみよう。」と、後ろに反る動きをやってみてもらうと腰から反って、お腹の抜けたカンブレに。「今の感じ、覚えておいてね。」と鏡で横からの自分の姿も確認してもらってから顎の…

手の中のて

Academyのレッスンで、指を一本ずつ回す手のワークをしていた時のこと「私、手のなかにてがあるんだよ♪」と1年生のMちゃん。「えっ?」と、最初意味がわからずに彼女の手を見てみると確かに右の手相が「て」のカタチ。「あら~、いいじゃない♪」というところ…

「自然に飽きる」という天性の能力

Academyのレッスンは50分ですが小学1年生になったばかりの子どもの集中力はその間ずっと続く訳ではありませんし、リズムのようなものもあり、むしろ、子どもの「自然に飽きる」という天性の能力に色々気付かされたり、学んだりもしているような面もあります…

レヴェランス

じっと見つめていても動いてはいないようなのに気付けば咲いている薔薇のように小さな子どもも、あれ?いつのまに成長したんだろうと、驚かされるような事があります。 アカデミーの小1の生徒さんGW中のレッスンを5週目に振り替えたので2週間ぶりでしたが先…

ラインを感じる

今週のAcademyでは顎のワークの後手のワークの中でラインを感じるということに少しフォーカスが向くようにレッスンを進めました。 気持ちよく伸びていくラインがあるそのラインをつなげる手があるそれを、まずはゆっくり味わう。 手から繋がるラインを感じた…

一才桜

水曜日はサロンで個人セッションを終えてからナチュラリゼーションダンスアカデミーのレッスンでした。 第1期生のMちゃんは、劇団やモダンダンス教室で学んできてこの春からバレエを始める1年生。物怖じしない、可愛い女の子です。 顎のワーク、手のワークを…

『 Naturalization Academy for Junior Dancers 』開講のお知らせ

本気でナチュラリゼーションに取り組みたい ジュニア・ダンサー(ジャンルは問わず)を対象とした ナチュラリゼーション・アカデミーを4月より東京・下北沢にて開講致します。 集中できる50分のレッスンを毎週積み重ね 1年かけてじっくりとナチュラリゼーシ…