Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

8.Naturalization

収穫

3本指のワークはまだまだ全然ダメですが(-_-;)にもかかわらず、私の中では収穫がとても多かったこの1か月です。 以前、四肢の土台としての肩甲骨と骨盤という表現をしましたが それが概念としてではなくああ、この角とこの角は連動するなぁ…というような動き…

身に合う

時々、こんな風に突っ立って手のワークをしながら全身を感じていることがあります。片手だったりすると傍目には、”お控えなすって”のポーズでもとってるのか?という感じかもしれませんが(笑)地味~に動き続けています。 例えば、その中で感じた働きが甘いと…

「最初からやり直すって大切ですね。」

ナチュラリゼーションを始めてバレエへの意欲だけでなくお仕事に活かしていくために大学院で更にご専門の領域を学ぶようになったりお引越しをすることになさったりと様々な面で変化を感じていらっしゃるととても清々しい表情でお話をして下さいました。 変わ…

思いがけない流れ

江の島での時間からは思いがけない流れも注いできてまだどうなるかは分かりませんがある企業さんの社員教育の一環としての長期講座開催のご提案を戴きました。 ダンス関係ではないですが社員さんの健康増進に役立てて戴ける面や身体操作の向上が間接的にお仕…

フォルム

私はときどき美術解剖の本をただずーっと眺め続けることがあります。 もともと、描くために触れたのがその出合いだったからかもしれません。 ナチュラリゼーションを続けていると尚のこと、そのフォルムの意味を体感できるように感じています。 進化の過程で…

美しい時間

今日の江の島レッスンはバレエの指導者の方と同じマリーンスタジオでベリーダンスをなさっている初めての方がいらして下さいました。 ベリーダンスの周りの方からもバレエなどダンスの基本を学んだ方が良いよと言われていたり「ナチュラル」ということを考え…

自己流になってしまっていないだろうか?

ゆっくり進んでいくことは大事なのですが例えば、次のステップのワークを入れ始めた時にその新しい「できない」に向き合う時間を自分の「ほどほど」で済ませてまだそのレベルではないと自分で決めて先送りしてしまうケースがあります。 順序性はあるけれどそ…

それらすべてをベースで結ぶものを

2か月ほど前からある大学でミュージカルを学んでいる方がセッションにいらして下さっています。 演技も、歌も、ダンスも幅広く学んでいるけれど何か、それらを土台で結ぶものが欠けているよううな気がすると感じていらしたときにナチュラリゼーションのこと…

気付く時

今日は小学生さんたちのレッスン・デーこちらは高学年のバレリーナさん。 手にじっくり取り組み中です。 まだまだだな…ということに気付く時はそれ以前のワークの大切さに気付く時。 少しずつ、少しずつ。 その後は、低学年のお子さんのレッスン。最近、私も…

和泉多摩川でのひととき

和泉多摩川のレッスンの前に1時間余分にスタジオをお借りしてハイハイと高這いを続けた昨日でした。 「手」に取り組んだ結果として歩行時の、右足首の僅かだけど余分な力が抜けていたり、抜きやすくなっていることをこのところ感じていたり歩くこと自体にも…

旅支度

先日、はじめていらした小学生さんのお母様から戴いたメッセージです。 もっと大きくなって、より高度なパを学ぶようになったときトウシューズを履くようになったとき思春期になって大人の身体に変化していくとき故障したり、身体のラインを崩したりすること…

てのひらのM

小学生の子と手のワークをしていて「あっ!先生、両手にMだ!」と。「M?」言われてみればそうだなーと思いつつ眺めたら「すごいラッキーなんだよ!」と、彼女(笑) てのひらにM? 「そうかぁ、ラッキーなのね(笑)うん、Aちゃんとこうやってレッスン出来てる…

ナチュラル

江の島のクラスにはバレエの方がいらして下さったりもすればフラの方がいらしたりそしてこの週末にはベリーダンスの方々からもご予約がありました。 クラスといってもオープンなスタイルをとっているのでその都度、メンバーも人数も違いますがその皆さんやパ…

分節の自由度

敢えてバレエを封印してきた7ヶ月程ですが今、時々思いつくままにパを一度にひとつずつ、ゆっくりやってみて選択肢の広がりというよりも以前と違う動きの選択が勝手になされていくようなコーディネーションの変化の感触を味わったりそうした隙間を開いた上で…

Space

Step after step the ladder is ascended. このところ初めての方とのセッションの機会が多いですが先日江の島クラスにいらした方もワークをするスペースを確保するために自宅の模様替えをなさったそうです。環境を整えることも大事ですね(^^) そうして広がっ…

忘れていたカラダ、感じられなくなっていたカラダと

今日の江の島は初めての方のレッスン数年前に交通事故に遭って以来肩や頸、腰に不快感があったりもするし仕事も多忙なので少しずつ自分で身体を整えていけるようにしたいといらして下さいました。 まずは顎のワークをゆっくり、少しずつ。呼吸を入れながら行…

出来ない理由を探し集めるより

遠方の方からこのところ幾度かメッセージを戴きじぶんの内にある能力を行う前から、あるいはまだ日も浅いうちに過小評価しているのではないかなと感じることがありました。例えば、通信では限界があるのではないか…とか。 けれども、「限界」ってやり続けた…

ナチュラリゼーションの入り口は広く開かれています

昨日の記事でご紹介させて戴いたバレリーナさんのお母様が 身体のラインは生まれ持ったもの、と思い込んでいたので、この1年は驚きの連続でした。 と、仰っていらっしゃいましたが今、思っていることはもしかしたら違うかもしれないという「前提の見直し」が…

1年

少しずつ、少しずつ歩んできた(這ってきた?)1年。2年目も少しずつ、少しずつ。 今、重ねる少しずつがやがてここを卒業し5年、10年先になったあなたの美しく健やかなダンスを支えられることを祈りつつ。 www.blissfultouch.info

日曜日のセッションから

昨日は小学生さんたちでしたが今日はバレエと新体操の中学生さんたちのセッション。 こちらは今日が2回目のバレリーナさん。踊ることが本当に好きでコツコツ取り組むことも自分なりの問いを立てて考えることもできるお嬢さんです。 その後にいらした新体操の…

機能が発揮されるということには 自ずと幸福感が伴う

ナチュラリゼーションをはじめて1年弱になった小学生さんが「もうバレエのレッスンの中でも反り腰を指摘されることがなくなった。」と朗らかに話しながら、更にその先のバレエの課題を見出しつつ熱心に同じワークに取り組む。 同じことに熱心になれるのは1年…

境界

何かを切り分け対立させている境界はいつもじぶんの側にある それを取り払った時に生まれるのが対話 対話が潤滑になるほどにシンプルに拓けていく。 ナチュラリゼーションはどちらかがどちらかを従属させるのではないじぶんとカラダとの対話を生む言語のよう…

11歳のバレリーナさん、初ナチュラリゼーション

今日の和泉多摩川枠は11歳のバレリーナさんの初めてのレッスンでした。 普段の姿勢が悪く、下腹を引き上げるようバレエの先生にご指摘戴いているけれどなかなか上手くいかないとのことでナチュラリゼーションに関心を持って下さいました。 「本人、とてもや…

「やはり手だ」

今日は出張講座でしたが今回も、その8割以上の時間は手のワークとなりました。 ずーっと手をやった上で最後に少しずつ寝返りやズリ這い、ハイハイ、高這いまで。でも、その中でも手のワークの中でできなかったことが表れているということに気付いた声があち…

「元気です」が嬉しい日

夏の試合を終えた新体操の中学生さんのセッションが続くこの頃同じクラブの方ばかりではないですし取り組みのペースも様々ですがハードな練習が続く時期でも皆が怪我をしたり、どこかが痛いというような事無く体調が良いですとニコニコしながらやってきてく…

手は面白い

3本指の指立て伏せがテーマの今月まずは、ハイハイの際の手と肘をよく感じながら丁寧に這うということと先月もやっていた5本指での10秒キープや先日まつじゅん先生が仰っていらしたことを注意しながら3本指で荷重をしていくこと等をあれこれ模索しながら行っ…

カラッと明るい悔しさ

手に集中したここ数か月でも、まだまだ手がテーマの状態は続きます。 経過としては手に集中して取り組むことによって肩関節や股関節の求心力や下腿の筋肉の流れや質感にもそれなりに変化が生じていているのは感じていて結果として身体が絞れてはきているけれ…

再会

今も月に1度、自分自身のレッスンで馬車道に通っていますがそのすぐ近くに高校時代からの友人が自宅&オフィスを持って住んでいることを先月、彼女からBirthdayのメッセージを戴いたのがきっかけで知ってレッスンの後に彼女のお宅にお邪魔して十数年ぶり!の…

ゆく夏を見送る

昨日は鶴川でセッションをしてから江の島へ。 手のターンアウトや肘のワークを中心にナチュラリゼーションをしてから少し余った時間で海を眺めながらルティレ・バランスを感じてみると脛骨に立つ全身の調和がよく感じられます。そこを使おうとか、そこに立と…

the Earth as a “global treatment table.”

江ノ島のクラスはスタートしたばかりで二人とか、結果としてパーソナルになったりまだ自習日になることも少なくないけれど(笑)採算ということを脇に置いてもこの枠は、ゆっくり大事に育てていきたいのです。 「アーシング」として知られたりもしていますがEa…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...