Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

1.Session Note

幼稚園児さんのレッスン

今日は和泉多摩川で大人の方のレッスンの後サロンで年少の幼稚園児さんの初レッスンでした。 年少と言えば、下の娘が同じ年の頃お姉ちゃんが習っているバレエを私もやるんだ!と強く訴えた姿が思い出されて何やら懐かしい気持ちにもなりました(笑) お母様も…

違和感をガイドに

週末いらした大人の方が 最近、「何でこんなに肩を上げているんだ?私…」って、気付くことが多くなってその都度直すんです。 と、仰っていらっしゃいました。以前はそれが日常的な居方だったのが違和感が生じるようになってきているのですね。 無意識でやっ…

その問いの答えはきっと

この9月からナチュラリゼーションをスタートした小学生バレリーナさん主にレッスン開始時点の経過写真です。 ターンの時などに後ろ重心になっちゃうことがあると課題を感じていたりもするようですがその問いの答えはきっと今取り組んでいる顎のワークや手の…

週末のレッスンから

この週末も、小学生から高校生までの皆さんとレッスンしそれぞれの中の伸びを様々なかたちで感じた時間でした。 ひと月の間に、ターンアウトにも変化が。ご本人「あれ?開いたの?」というような表情でした(笑) 彼女は新たに学んだダイナミックアーチのワー…

未来の先取りではなく

未来の先取りではなくその年齢までにやっておくことを充分にやりつくす。ゆっくりと時間をかけて。 ナチュラリゼーションと共に1年弱、歩んできた小学生さんです。 来年は、和泉多摩川で小学校低学年を対象とした少人数制のクラスを企画中です(^^)

自然の時間

この週末訪れた子どもたちの姿を見ながら何かが浸透し、熟し、新たなものに成っていくための自然の時間というものがやはりあるのではないか…そんなことをしみじみと感じました。 殆どの子が、レッスンのペースは1か月に1回程度ナチュラリゼーションを始めて1…

まだ訪れぬ発見と結ぶ手を残したまま

先日の中学生さんはその後のお稽古でターンアウトにもいつもと違う感触を覚えたと言います。 それは、ひとつの発見から彼女が見出した意味。 その意味を大事にしながらもひとつの意味に固着しないで歩んで行くこともナチュラリゼーションという体験を豊穣に…

涼やかさの発見

手や肘のワークをした後にその全身の感覚を味わって貰うと 「肩の関節の中が涼しい感じ。」 という言葉がその子の中から表れてきました。 機能的なポジションに収まった時の涼やかな感じ感じ方が似てるかも…と内心思いながら上腕骨頭の位置の感覚にも少しフ…

寝返り2― 違う質の動きができてみて違いがわかる

寝返りって、最初の内はそれだけでゼーハーしてしまうような方もいるのですがある程度慣れて余分な力が抜けてくるとご褒美ワークのようにもなって(笑)お仕事でお疲れ気味の方などに今日は寝返りをいっぱいしましょうか?などと言うと「やった♪」と喜ばれるほ…

見守る時間

先週レッスンにいらした園児のお母様からメールを戴きました。 バレエを習わせようかどうか迷っているというお話でしたが今のところお母様のご意向でお子さんはまだ余り興味がない感じでしたのでまず、一緒にナチュラリゼーションをしてみてお子さんが「動く…

焦りは禁物ですよ(^-^;

8月からパーソナル・レッスンを始め出張講座にも参加している方に昨日、最初に問いかけたのは「苦手な事はあまりやらないでバレエにすぐに役立ちそうと思えることだけやっていませんでしたか?」という言葉でした(^-^; お答えは図星で(笑)正直な方なので顎の…

引き上げを全く注意をされなくなった

9月のスタート当初、下腹を引き上げるようにというバレエの先生のご指摘があるけれどなかなか上手くいかないと言っていた小学生さん。 その引き上げについては全く注意をされなくなったと今月のレッスンの最初にお話してくれました。 できるようになったこと…

「何でだろう?」は成長の芽

金曜日の和泉多摩川レッスンは今回が3回目の小学生さん。 まだまだ、顎や手がメインテーマですが少しずつ寝返りなどもしています。 それは、寝返りが今すぐできるようになるためではなく例えば、ナチュラリゼーションの寝返りは手がリードする動きですが左手…

Going and Coming ー 理解を将来に残す

今日は大学生のバレリーナさんとのレッスンの後お茶をしながらアームスの感覚についての話題になりこんなお話をしました。 昔、" アラベスクはGoingのパ "という言葉に触れてそれは、とても当時の私の感覚には響いたのだけれどでも、今の自分の言葉で表すと…

背骨の動きを感じてみる

バレエをしている子どもたちが自分の身体が硬いと感じている時でも案外、限られた動きの中でそれを捉えていて例えば背骨の動きでも実際どこがどの方向に動かしにくいのか断片的にしか感じられていないことも結構あります。 この日曜日にいらした、今回が3回…

そろそろ次のフェーズへ

昨日は小学生のバレリーナさんのレッスン。 春からずっと手や肘のワークずり這いなどお腹を床につけて這うワークを重点的に続けてきましたがそろそろ、ターンアウトのためのワークやダイナミックアーチのワークにもフォーカスを向けていこうかと思える感じに…

キッズ・レッスン枠を設けました

昨日は、幼稚園児さんのレッスンでしたがお母様から嬉しいご報告をいくつか戴きましたので箇条書きでまとめます(^^) 続かないのでは?という心配は杞憂だった。親子で日課になっている。 以前より、身体を動かして遊ぶことが増えた。 鉄棒やジャングルジムな…

手応え

またしても、台風の週末ですが(^-^;今日は小学生のバレリーナさんが「アン・オーでのアラベスクで、先生から良い感じ♪と褒められました!あと、最近ピルエットのダブルをやるようになったのだけどスルスルっと回れたんです♪♪」と、報告するのを楽しみにして…

万華鏡を覗くことから広がったプロセス

昨日、セッションが終わった後ある中学生さんが、サロンに置いてある万華鏡を覗きながら「そういえば、何で右手に持って右目で見ているんだろう。」と、呟きました。 私は、それには答えず彼女のことをじっと見つめながら言葉を待つと少し間があってから「あ…

モモの視点

アタマ(考え)が進もうとするのに行い(四肢)が必死で追いつこうとしてココロ(胸)やハラが置いてきぼりになりそうになるのをアゴやクビやコシが必死で支えている… そんな印象を覚える歩様だった人の中に楽に足が運ばれていく居心地が少しずつ目覚めてく…

日曜日のセッションから

日曜日の朝は、台風が近付く中でしたがナチュラリゼーションは今回が4回目の中学生さんとセッションのひと時を過ごしました。 寝返りをやってみると仰向けからうつ伏せへ寝返る動きの一方ができない。 寝返ること自体ができない訳では無く手から順に動きを伝…

土曜日のセッションから

今日はバレエの小学生さんとまだダンスは学んでいない年長の幼稚園児さんとのセッションでした。 小さなお子さんの、最初のレッスンでも顎のワークからスタートしますがちょっと動きも見たいのでナチュラリゼーションの這う動きをやって見せる前にお腹をつけ…

ギューッと握り締めたままより

ブランクは必ずしもマイナスではない。 それが主観だけでなく久しぶりのお稽古の際の「いったい何をしていたの?」という先生の興味津々な反応に表れていたというお話を伺った和泉多摩川レッスンのひと時でした。 月1のナチュラリゼーションのレッスンだけで…

そのワークの本質は

昨日の和泉多摩川セッションで前回まで顎のワークの際に背中の力が抜けなかった方が今回はいらした時から抜けるようになっていました。 初めての時にもお話はしているのですが前回、「お口を開いていくワークですよ。」と、改めてお話してみたのです。 初心…

身に合うものを見出す力を

初めていらしたある中学生さんがインターネットを色々見て回るうちに混乱してしまったと言っていました。 確かにネットでも書店でも「~をしなさい」「~をしてはいけない」という情報やコピーの如何に多い事か。 けれども、それらひとつひとつの是非の前に…

ガラリと変わるとき

身体のあちこちで感じていた予兆のようなものはあっても歩行のように半ば自動化されたような動きのパターンがガラリと変わるときというのはある時ふと訪れて勝手に運ばれていくかのような不思議さを伴うけれど暫くそれを観察し続けてその感覚が消えていかな…

金曜日のセッションから

11歳のバレリーナさん、2回目のセッションから。初回は、ざっくりと体験して戴きましたが今回からは顎と手をゆっくり育んでいきます(^^) 手のワークはそれをしっかり続けていくほど面白くなってきます♪ 本人、楽しかったー!と、帰ってから少しだけ復習して…

環境をつくる

以前、初めていらした幼稚園児のお子さんのレッスンではお母様にも一緒に顎のワークと手のワークをやって戴きました。 その日はご実家に預けてこられたけれど下のお子さんがまだ小さいので通信講座を主体に、時折フォローアップさせて戴くかたちをお薦めした…

日曜日のセッションから

写真は、経過の断片でしかありません。手が影響していたことを感じて理解してもその手を育んで行くのには時間がかかります。 それでも、少しずつ少しずつ変わっていく。変わっていくのはセッションに来ているからではなく日々の積み重ねがあるからです。 な…

手を育てよう

手のワークを続けるうちに少しずつ親指と人差し指の向き合い方が変わってきましたと先日、2年目の生徒さんがご自分の手を慈しむような表情で仰っていました。 また、手のアーチが感じられるようになるほどに足のアーチの感触も変わってきて普段立っている時…